ビル管理・ビルメン

【2021年最新版】ビル管理会社のサービス内容とは?おすすめの管理業者を比較!

ビル管理会社

ビル管理にあたって重要になるのがビル管理会社と上手く協力していくことです。

マンション管理やビルメンテナンスはどのように選ぶのがいいでしょうか?

ビル管理会社を選定していくにあたっては価格面やサービス品質に注意しながらビル管理を進めていくことが重要です。

この記事では、ビル管理会社のサービス内容や代表的なビル会社の情報について紹介していきます。

代表的なビル管理会社の特徴やサービスを比較していきながらご自身のビル管理に最適なパートナーを見つけていくことが求められます。

ビル管理会社の一覧や詳細情報を掲載しているので、比較しながらビル管理会社の特徴を掴みましょう。

▼ ビル管理会社の詳細はこちらをクリック!

ビル管理会社を比較することでビル管理会社の選定に役立ててください。

合わせてビル管理やマンション管理に役立つ情報なども解説していきます。

良い業者を選んでマンション管理・ビル管理を効果的に進めていきましょう!

会社名 所在地 設立
大星ビル管理株式会社 東京都文京区 1969年
株式会社東海ビルメンテナス 神奈川県小田原市 1963年
森田ビル管理株式会社 大阪府大阪市 1979年
新生ビルテクノ株式会社 東京都文京区 1962年
旭ビル管理株式会社 東京都中央区 2002年

ビル管理会社とは?

ビル管理会社ビル管理会社はマンションやオフィスビルのメンテナンスを専門とする業者のこと。

快適にビルを使うためにはメンテナンスが必要であり、安全に利用するためにビル管理の専門家に依頼する必要があります。

ビルの管理者は資産価値を維持するために、適切なビル管理会社に管理を委託しています。

ビル管理会社のサービス内容にはどのようなものがあるでしょうか?

専門家の力を活用して快適にビル管理を運営していきましょう。

ビル管理会社のサービス内容

ビル管理会社はビルを安全に利用するために様々なサービスを実施します。

具体的には、エレベーターなどの設備を維持・管理する作業、清潔にビルを利用するための清掃サービスなど。

また、マンションなどの場合は入居者の賃貸管理や請求業務などの事務作業もビル管理会社の役割です。

ビル管理を運営していくにあたって、ビル管理会社の力は必要不可欠といえるでしょう。

ビル管理会社のサービス内容

  • 設備管理
  • 衛生管理
  • 清掃サービス
  • 警備業務
  • 賃貸管理
  • テナント対応
▼ 詳細はこちらをクリック!

設備管理

ビル管理会社

ビルやマンションの設備をしっかりと管理しないと、住みよい環境が整わなくなってしまいます。

エレベーターなどの設備を管理するのはビル管理会社の役割です。

エレベーターの他にも電気照明や消防設備が整っていることを確認し、常に入居者が安全に過ごせるように調整する必要があります。

設備の扱いは複雑な機械やコンピューターで作られているため、設備を扱うには専門家の技術が必要です。

また、ビルなどの建物には法定点検といって法律で定期的に点検を行うことが義務付けられています。

常に設備管理が正常に動くために、しっかりとした設備管理をしましょう。

衛生管理

建物の衛生環境が悪いと、入居者の健康を害してしまうリスクがあります。

ビルやマンションを安全で清潔な環境で利用するためには建物内を清潔な環境を維持する必要があります。

清潔な環境を整えるための衛生管理もビル管理の仕事のひとつです。

衛生環境をしっかり整えるためには清掃を行き届かせ、空調を整える設備の点検をしっかりと行う必要があります。

衛生管理を行うためには清掃を行き届いた状態にしたうえで、衛生設備などを充実させましょう。

清掃サービス

ビルやマンションを快適に利用するためには清潔な環境が必要不可欠です。

清掃サービスを充実することにより、入居者が安心して暮らせるようになります。

ビルなどの清掃には専門のノウハウや道具が必要になりますので、専門家に任せると一安心でしょう。

特に、ビルの外壁や日常的に手入れをしづらい箇所などはプロの清掃業者の力を借りることで清掃が行き届きます。

清掃は人の手で行うため、しっかりと清掃をしてくれる業者を選定することが快適な生活を守ることに繋がります。

警備業務

ビル管理

ビルやマンションのセキュリティが甘いと、重大なセキュリティトラブルや資産を失ってしまう恐れがあります。

大切な資産を守るためにはビル管理会社の警備にお任せ!

ビル管理会社はビルやマンションを警備し、入居者や資産を守る役目があります。

特に、企業が入居しているオフィスビルなどには重要な資産を預かっているので、堅固なセキュリティが求められます。

警備が必要なのは日中だけでなく、深夜の時間帯に警備が必要となることも多いです。

重要な資産を警備しなければならないほどセキュリティ費用が高くなりますが、損害を防止するためには堅固な警備が必要です。

セキュリティ会社などと上手く連携しながらセキュリティを高めていく必要があります。

賃貸管理

賃貸ビルや賃貸マンションの場合、入居者の賃貸状況を管理する必要があります。

賃料の支払い状況などを管理し、延滞などがないかをチェックします。

請求と入金をしっかりと済ませることで契約行為が完結するのです。

マンションのオーナーだけでは賃貸管理をチェックできることは難しく、ビル管理会社の力を活用しながら賃貸管理を進めていきましょう。

テナント対応

テナント(賃借人)への事務対応をするのもビル管理会社の務めです。

賃借契約の事務手続きや契約内容の交渉を行います。入居者について契約違反がないかなどをチェックすることでマンションの環境保全に努めます。

クレーム対応

また、契約者間同士のトラブルや近隣からのクレーム対応もテナント対応の1つです。

契約の窓口として機能することで、ビルの入居者や近隣の人に対して適切な対応をすることができます。

特に、当事者間同士のトラブルや重大なクレームに発展しかねないので、仲介者として機能することが重要です。

新規の入居者を募集したりするPR活動をするのもテナント対応の一環です。

建物の資産を最大にするために適切なテナント対応をする管理業者に依頼しましょう。

ビル管理会社の形態

ビル管理会社

ビル管理会社では大まかに分けて不動産系、デベロッパー系、独立系という3つの形態に分類されます。

財閥などを資本とする不動産系、デベロッパー系のビル管理会社は規模の大きさやグループの強みを活かして様々なサービスと複合したサービスを展開することが特長です。

一方で、独立系のビル管理会社はグループ会社の強みはないものの、専門性に特化しており仲介業者が少ないことから管理費が安くなる傾向にあります。

ビル管理会社の形態

  • 不動産系
  • デベロッパー系
  • 独立系
▼ 詳細はこちらをクリック!

不動産系

不動産系のビル管理会社は不動産を運営しているグループが運営しています。

三菱系や三井系といった財閥系のビル管理会社が代表的で、ビル管理会社だけでなく様々なグループ会社と一体となったサービスを提供していることが特徴です。

また、グループ会社ならではのサービス範囲の手広さで様々なサービスの選択肢を活用することができます。

サービスの品質が充実していますが、中間マージンが発生するという点で管理費が高くなりがちという特徴があります。

主な不動産系ビル管理会社

  • 三菱地所コミュニティ株式会社
  • 三井不動産ファシリティーズ

デベロッパー系

ビル管理会社

デベロッパー(Developer)とは開発を意味する言葉であり、ビル管理だけでなく土地など総合的な不動産の価値を高めることを目的とする会社です。

親会社が開発した土地や不動産のビルの管理を請け負っており、総合的な土地開発の一環としてのビル管理会社という立ち位置です。

グループ会社として不動産の資産価値を高めることを目的としており、ビルやマンションの利用者に快適なサービスを届けています。

独立系

独立系のビル管理会社は、上記に紹介したようなグループ系列に属さず独立したビル管理会社です。

会社の規模として中堅どころの企業が多いですが、サービスの品質は不動産系やデベロッパー系と遜色ありません。

中間マージンが少ないため、費用を抑えながらマンション管理を進められます。

そのため、管理費を抑えながらサービスの行き届いたビル管理をしたいというマンション経営者などにおすすめです。

小規模でありながらサービス内容が充実しており、しっかりとしたビル管理でオーナー様をサポートします!

主な独立系ビル管理会社

  • しんらいライフサービス
  • 大星ビル株式会社
  • 株式会社東海ビルメンテナス
  • 森田ビル管理株式会社
  • 新生ビルテクノ株式会社
  • 旭ビル管理株式会社

【PR】ビルメンテナンス / 定期清掃の見積もりなら
しんらいライフサービス

ビルメンテナンス / 定期清掃の見積もりはこちら

しんらいライフサービスは、サービス品質の肝である「スタッフ」を大切にしています。
きめ細やかな、清掃サービスをぜひ体験してみてください。
管理費用の削減のコンサルも受け付けております!!

 

ビル管理費の相場はいくら?

ビル管理会社

ビル管理費は一般的にどのぐらいコストがかかるものでしょうか?

ビル管理費の相場は「全賃料収入×5%」という金額が目安です。

例えば、全賃料収入が100万円の場合、5万円というのがおおよそのビル管理費の目安となります。

ビルの管理は人の手で行うものであり、規模が大きければ大きいほど管理費も高くなる傾向に。

ビル管理費やマンション管理費の相場については以下の記事で詳細をまとめていますので、合わせてご確認ください。

マンションの管理費が相場より安すぎると怪しい?良い管理会社の条件とは

マンション経営をしてるオーナーさんにとって管理費が高いというのは頭の痛いところでしょう。 当然、管理費や安い方が良いわけですが、仕事の質も大事。相場よりも安すぎると「本当に任せて大丈夫なのだろうか?」 ...

続きを見る

一般的なビル管理費の相場

一般的に、ビル管理費どれぐらいかかるものでしょうか?

ビルの規模や清掃の頻度にも左右されますが、概ね数十万~百万円というのが一般的な相場です。

年額に換算すると1,000万円ほどの額になるため、ビル運営においてビル管理費のコストがかかることが伺えるでしょう。

しんらいライフサービスの調べでは、一般的なビル管理費は以下のモデルを想定しています。

▼ 詳細はこちらをクリック!

(日常清掃:作業員2名、週4日、一回あたり3時間、2棟管理での想定)

項目 月額 年額
事務管理代行費 40,000 480,000
消防設備点検報告 26,000 312,000
エレベーター保守点検 110,000 1,320,000
設備警報遠隔監視 76,000 912,000
自動ドア保守点検 18,000 216,000
排水管洗浄 10,000 120,000
巡回設備点検・検針 10,000 120,000
ガラス清掃 11,600 139,200
貯水槽清掃 9,600 115,200
日常清掃 250,000 3,000,000
定期清掃 36,000 432,000
照明器具清掃 3,600 43,200
空調設備点検 14,000 168,000
電気設備点検 18,000 216,000
合計 632,800 7,593,600

管理費を安くするには?

▼ 詳細はこちらをクリック!

ビル管理会社上記の表を見ると、ビル管理費の多くを占めるのが日常清掃という項目です。

月額60万円かかる管理費のうち、4割以上が日常清掃であり一般的な管理費の多くを占めるものです。

日常清掃では清掃作業員の力が必要になるため、最も作業コストのかかる日常清掃が管理費のうち多くかかるという仕組みになっています。

管理費を安くするためには、こういった日常清掃のコストを抑えることが近道です。

例えば、ある程度の清掃はオーナー自身が実施して日常清掃の頻度を少なくするなどといったことが考えられます。

ただし、清掃をオーナー自身で賄おうとするとオーナーの管理が大変になりますし、清掃が滞ってしまうと入居者の満足度が下がるということになりかねません。

必要なものは外部の清掃業者に委託するなど、うまく調整しながら日常清掃を行っていきましょう。

タワーマンションの管理費は高い?

ビル管理の中でもタワーマンションのようなコストのかかるタワーマンションでは管理費が高くなります。

タワーマンションは資産価値自体が高く、分譲や賃貸を問わずに入居することにお金がかかりますが、マンションの価値を管理・維持するためにも相当の管理費がかかります。

タワーマンションは設備にコストがかかる

タワーマンションは通常のマンションよりも設備が充実しており、セキュリティ費用もかかるために費用が高くなる傾向にあるのです。

管理費のほかに修繕積立金が発生するというタワーマンションも多く、単に管理・維持をするだけでなく定期的なリフォームに必要な出費も考えなくてはいけません。

タワーマンションには特別な設備も多く、これもタワーマンションの管理費が高いことの原因の1つといえるでしょう。

【タワマン住人必見】タワーマンションの管理費が高い理由|マンションオーナーも要チェック
【タワマン住人必見】タワーマンションの管理費が高い理由|マンションオーナーも要チェック

タワーマンションの管理費は、通常のマンションより高いとご存知でしょうか? この記事では「タワーマンションの管理費」について解説します。 結論、タワーマンションの管理費は高いため、管理会社選びが重要です ...

続きを見る

管理費と修繕積立金

ビル管理会社

タワーマンションの場合、管理費の他に修繕積立金が必要になる場合があります。

修繕積立金とは、毎月発生する管理費のほかに発生する修繕コストのために積み立てるお金のこと。

修繕作業自体は何年に1度という規模ですが、毎月積み立てることで大規模な修繕対応に対応可能です。

タワーマンションのように大規模のマンションの場合、定期的に修繕をする必要があります。

建物を修繕することで、マンションの資産価値が上がるだけでなく住んでいる人にとっても心地良い住環境となります。

管理費・修繕積立金の相場

タワーマンションで毎月発生する管理費・修繕積立金の相場は3万5,000円というのが平均的です。

このうち管理費が2万円、修繕積立金が1万5,000円というのが一般的であり、タワーマンションにお住まいの方はこれぐらいの規模の金額が毎月発生すると考えましょう。

タワーマンションは不動産そのものの価値が高いだけでなく、管理や維持をするだけで相当のコストがかかるのです。

大手のビル管理会社を選ぶ

ビル管理会社

ビル管理会社を選ぶ際は会社の規模で選ぶこともおすすめです。

大手のビル管理会社は多くの取引先を抱えており、その実績から安心してビル管理を依頼することができます。

売上高が良い大手ビル管理会社は不動産系やデベロッパー系など事業領域も広く、様々なことを任せられるため安心できます。

大手のビルメンテナンス会社については、以下の記事で詳細を解説していますので合わせてご確認ください。

【ランキング】大手ビルメンテナンス会社10選|さまざまなランキングを紹介
【2024年版】ビルメンテナンス会社のランキング|売上から年収まで丸裸!(売上高・従業員数・年収別)

大手のビルメンテナンス会社をお探しではないですか? この記事では「大手のビルメンテナンス会社10選」を紹介します。 大手でもさまざまなビルメンテナンス会社があるので、特徴から条件に合った管理会社を探し ...

続きを見る

大手のビルメンテナンス会社は安心できる?

大手のビルメンテナンス会社に委託するとき、心配するのがビル管理のクオリティ。

大手のビルメンテナンスは作業員のクオリティも一定で安心できる水準です。

そのため、安心してビル管理を委託することができるでしょう。

大手はコストが高い?

ただし、大手だからといって安心できるとは限りません。

外部の清掃業者に委託しているというケースも多く、その場合は委託料などマージンが料金に含まれるため料金が高くなりがちです。

中小規模の独立系ビル管理会社の方がサービスが優れており、料金もリーズナブルというケースも珍しくありません。

また、サービス内容についても複数のビルメンテナス会社を比較し、自分のビルに合ったサービスを比較検討してみてください。

清掃単価でビル管理会社を選ぶ

ビル管理

ビル管理費のうち重要なウェイトを占めるのが清掃費。

特に、日常清掃など清掃員の作業が多く発生する場合は清掃員に作業をしてもらうための費用がかかります。

清掃単価に着目してビル管理会社を選定することも考えられます。

マンションやビルの管理費の中から清掃費を捻出するため、入居者の管理費負担を軽くするために少しでも清掃単価をおさえることが効果的です。

清掃する箇所に応じて清掃単価は異なりますが、清掃単価の安いビル管理会社を利用することでビル管理費を抑えることができます。

清掃単価については以下の記事で詳細を解説していますので、合わせてご確認ください。

【ビル管理に欠かせない】ビルメンテナンスの清掃単価や業務は?費用の安い業者を選ぼう
【ビル管理に欠かせない】ビルメンテナンスの清掃単価や業務は?費用の安い業者を選ぼう

ビルメンテナンスの細かい清掃費用についてご存知でしょうか? この記事では、「マンションの清掃内容」について解説します。 結論、清掃業務を依頼する際は、清掃単価まで細かく確認しておきましょう。 オーナー ...

続きを見る

ビル管理会社の比較

ビル管理

 

会社名 所在地 設立
大星ビル管理株式会社 東京都文京区 1969年
株式会社東海ビルメンテナス 神奈川県小田原市 1963年
森田ビル管理株式会社 大阪府大阪市 1979年
新生ビルテクノ株式会社 東京都文京区 1962年
旭ビル管理株式会社 東京都中央区 2002年

ビル管理会社のサービス内容や費用の相場などを見ていきました。

では、具体的にビル管理会社にはどのようなサービスを展開しているでしょうか?

大手のビル管理会社を中心に、代表的なビル管理会社を一覧で比較していきましょう。

一覧で比較することで、管理されているビルにフィットしたビル管理会社が見つかるでしょう。

以下に、主要なビル管理会社を紹介していきます。

それぞれのサービスや費用面を比較しながら、ビル管理会社の選定を進めていきましょう。


大星ビル管理株式会社

大星ビル

http://www.taisay.co.jp/

「大星ビル管理株式会社」は東京都文京区に本社を置くビル管理会社。

東日本を中心にビル管理やプロパティマネジメント(PM)などの事業を展開。

創業50年以上の歴史があり、かつては日本生命グループの一員でしたが現在は独立しています。

企業情報

▼ 詳細はこちらをクリック!

大星ビル株式会社は昭和44年創業の老舗、連結売上高392億円と業界の中でも有数の規模です。

かつては日本生命グループの一員でしたが、2000年の保険業法改正を受けて日本生命グループから独立。

時代の荒波による影響を受けながらも試行錯誤を繰り返しながら顧客の信頼を勝ち取り続けています。

大星ビル株式会社 -
住所 東京都文京区小石川四丁目22番2号
設立 昭和44年(1969年)6月
資本金 1.6億円
売上高 392億円(連結)
従業員数 1,306人
管理ビル棟 828棟

事業内容

大星ビル

大星ビル株式会社の主な事業内容は以下の通りです。

大星ビル株式会社ではビル管理業務をはじめ、プロパティマネジメントなど不動産に関わる様々なサービスを提供しています。

様々な業務でビルオーナーの手助けを行うパートナーとなる存在です。

  • 総合ビル管理
  • プロパティマネジメント(PM)
  • 工事
  • オフィス・テナントサービス
  • PPP事業
  • 環境ソリューション事業
総合ビル管理

設備管理や清掃、警備などビル管理に必要なサービスを実施。

ビルを安全で長期間使える状態にするため、専門家が丁寧に管理します。

品質の高いサービスで安心して利用できるでしょう。

プロパティマネジメント(PM)

ビル管理会社

ビルのオーナーをサポートするべくプロパティマネジメントを実施しています。

ビルの価値を最大にするため、長年のノウハウを活用して専門性の高いマネジメントサービスを提供。

PMサービスにとどまらず、物件売買に伴う関連業務もサポートしており、ビルオーナーを全面的にサポートします。

工事

ビル管理には工事が必要です。

特にテナントの入退去に関しては原状回復工事やレイアウト変更など、テナントのニーズに合わせて様々な工事を施します。

ビル指定業者となり、ビルの品質やグレード維持をサポート。

テナント入退去に関わる工事やレイアウト工事など、必要に応じた工事を実施します。

オフィス・テナントサービス

ビル管理

オフィスやテナントサービスなど営業事務に関わる業務をサポート。

ビルの資産価値が最大となるよう、専門的なノウハウを活用して様々なソリューションを行います。

オフィスレイアウトの調査、ソリューションの提供などビル資産を有効活用するようアドバイスを行います。

PPP事業

PPP事業とは「パブリック・プライベート・パートナーシップ事業」の略称であり、官民連携のサービスです。

公共事業を民間に開放し、公共事業にも民間のノウハウを取り入れることによってレベルの高いサービスを作り上げることができます。

PPP事業によって競争力のアップ、長期事業への参画など様々な効果を得ることが可能に。

長期事業をサポートすることにより、事業の安定した成長のパートナーとなります。

環境ソリューション事業

大星ビル株式会社では持続可能型社会発展へ貢献するため、環境ソリューション事業に取り組んでいます。

省エネ工事に実績があり、環境改善に貢献している企業です。

環境に優しいビルは企業としてのイメージも上がるため、双方にとって良い結果となります。

3つの柱

大星ビル

大星ビル管理株式会社では3つの柱を重視しています。

「インスペクション」「中央管理センター」「人材育成」という3つの柱によって成長を支えています。

インスペクション

「インスペクション」とは建物の状況を調査すること。

大星ビルでは設備、清掃、警備という観点から徹底したインスペクションを行っています。

建物が安全であるか、清掃が行き届いているか、セキュリティ面に不安はないかという観点から点検を進めることで建物の状況を保全することに繋がります。

インスペクションによって品質が向上し、顧客満足の向上に繋がっているのです。

安全な暮らしは定期的な建物の点検に上にあり、インスペクションの実施を大事にしています。

中央管理センター

大星ビル管理株式会社では常に顧客の安全を守ることができるよう、365日24時間体制で中央管理センターが機能しています。

災害時にも万全な対応ができるよう、中央管理センターが安全を保障しているのです。

火災や設備異常が発生した際には一次対応としてビルに常駐している設備係員が対応します。

二次対応として中央管理センターから人員が派遣されるため、常に万全の防災対策が実施されているのです。

人材育成

建物の管理をする際に最も大きいのは人の力です。

ハイテク化が進み、建物や設備の保全なども機械によって管理されている現代においても最終的に大きな力となるのは人によるものです。

大星ビル管理株式会社ではでは顧客に品質と技術力を提供するように人材育成を徹底しています。

サービス品質を高めるために、専門知識の教育や資格取得の補助など、ビル管理を行う人に最善の教育を行っているため、ビル管理にもそのノウハウが役立っています。

株式会社東海ビルメンテナス

東海ビル

http://www.rbs-tokai.co.jp/

株式会社東海ビルメンテナスは東海地方に地盤を置くビル管理会社。

神奈川県を始め、静岡県や愛知県、東京都で事業を展開しています。

現場を熟知したエキスパートによるサービスが特徴です。

企業情報

▼ 詳細はこちらをクリック!

 

1963年の創業以来、東海地方を中心に発展し続けた株式会社東海ビルメンテナス。

時代の歩みと共に地域密着でビル管理サービスを提供しています。

東海地方を象徴する「富士」のごとく安心感を与えるような丁寧なサービスを提供します。

株式会社東海ビルメンテナス -
住所 神奈川県小田原市本町1-13-6
設立 昭和38年(1963年)8月
資本金 5,000万円
従業員数 2,920名

事業内容

株式会社東海ビルメンテナスでは顧客のソリューションパートナーとして「施設総合管理」を提案しています。

グループ会社の事業を有機的にリンクさせることで質の高いビル管理サービスを提供。

高度の専門スキルを要する清掃業務など、様々な角度から顧客のビル運営を支援します。

主な事業内容は以下の通り。

一般ビル清掃業務

長年蓄積されたノウハウを最大限に活用し、オフィスやマンションを綺麗にします。

一般清掃、定期清掃、特殊清掃など様々な需要に沿った清掃を実施。

顧客の状況に合わせて必要な清掃を選択し、確かな技術と細やかな配慮で清掃を実施します。

ショッピングセンター総合管理

東海ビル

ショッピングセンターなどの大型施設の総合管理。

大規模な施設は清掃が必要な場所も様々であり、専門ノウハウを活用して清掃を実施します。

また、人手不足による清掃員不足を補うため、ロボット産業の振興にも取り組んでいます。

自律走行の掃除ロボットの活用は清掃における常識を覆そうとしている最中です。

ホテル清掃管理

ホテルや旅館はお客様が快適に寝泊りできるよう、特に入念な清掃が必要です。

長年のノウハウを活用し、清掃管理を実施します。

環境衛生管理事業

ビル内は法令に基づいて清潔な環境を維持することが義務付けられており、ビル管理においては衛生管理にも最大限気を配る必要があります。

ビル管理法に基づく資格を有したエキスパートが多数在籍し、適切な衛生管理を実施します。

警備事業

住環境やオフィスの安全を確保するため、警備事業にも取り組んでいます。

安心してビルやマンションを利用するべく、防災や警備に力を入れています。

森田ビル管理株式会社

森田ビル

http://www.mbk-grp.co.jp/index.html

森田ビル管理株式会社は大阪に本社を置くビル管理会社。

ITの発展により高度化するビル管理において長年のノウハウを元に専門知識を活かしたビル管理に取り組んでいます。

21世紀の資産価値向上に向けて快適で合理的な住環境づくりをサポートします。

企業情報

▼ 詳細はこちらをクリック!

森田ビル管理株式会社は大阪を中心とした地域でビル管理の業務を行っています。

地球環境に配慮した合理的な不動産経営管理を行っており、ビルやマンションの資産価値向上をサポートします。

森田ビル管理株式会社 -
住所 大阪市中央区備後町二丁目4番6号
設立 昭和54年(1979年)2月
資本金 1,000万円

事業内容

設備管理業務

専門知識を有したスタッフが設備管理を保守します。

24時間365日安全に稼働するために、常に万全の体制で保守にあたっています。

高度なスキルを有した専門スタッフが設備管理を点検し、常に安全なビル環境をサポート。

監視センターを通じて、有事の際にも対応できるよう遠隔監視を実施しています。

清掃管理業務

多くの人が利用するビルは常に外部要因から身を守る必要があるものです。

安心して清潔に利用するために、清掃管理を実施。

単に綺麗するだけでなく、耐用年数を伸ばすべく様々なことに気を配った清掃管理を実施します。

保守警備業務

ビル管理

ビル管理においては利用者が安全に過ごせるような空間を作り上げることを重視します。

犯罪や災害を未然に防ぐため、万全の体制で保守警備を実施。

警備のエキスパートが安心して過ごせるビル環境を提供します。

新生ビルテクノ株式会社

新生ビル

https://shinseibt.co.jp/

新生ビルテクノ株式会社は東京都文京区に本社を置くビル管理会社。

総合ビル管理を主な業務とし、ビル管理に関する様々なノウハウを提供しています。

「尊重、努力、前進」を企業理念とし、半世紀以上に亘ってビル管理を通じた社会貢献に寄与しています。

企業情報

▼ 詳細はこちらをクリック!

上野に本社を置く新生ビルテクノ株式会社ですが、東京の他にも大阪、名古屋、札幌など全国の都市に支店が存在。

ビル管理やマンション管理をはじめ、公共施設など様々な建物の管理をおこなっています。

グループの強みを活かして顧客満足度向上に努めています。

新生ビルテクノ株式会社 -
住所 東京都文京区千駄木3-50-13
設立 昭和37年(1962年)2月
資本金 2.1億円
従業員数 3,801人

事業内容

ビル管理会社

新生ビルテクノ株式会社では省エネなどの社会的課題と向き合いながらビル管理を推し進めています。

「快適で美しい空間を作り出す」というマインドの胸にビル管理を通じて顧客への貢献を続けているのです。

設備管理

ファシリティマネジメント(FM)の理想をもとに常に管理体制を見直しながら設備管理を行っています。

また、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を利用しながらエネルギーの最適化を実現。

環境にも配慮しながら複雑なビル管理の実現を目指しています。

「Aktm-S300」

広域ビル群管理システム「Aktm-S300」は設備管理の業務効率改善に大きく役立つシステム。

このシステムと接続することで、設備管理の人員を大きく削減することができます。

24時間365日体制で管理をしなければならない設備管理において人件費や光熱費を削減することに寄与。

また、運転データの管理・分析を行いマシンに対する省エネ対策も実施しています。

清掃

日常清掃、定期清掃、特別清掃などあらゆる状況に応じた清掃を実施。

清掃で重要になるのは、清掃員の思いやりの気持ちです。

新生ビルテクノ株式会社では高レベルなスキルを持つ清掃員が真摯に清掃を実施しています。

警備

ビル管理

ビル管理において安全に利用するためには万全の警備が必須。

予期しない犯罪などによって大切な資産が失われないように万全の体制で警備にあたっています。

トラブルを未然に防ぐべく、様々なことを予見しながらビルの警備を行います。

指定管理

自治体が福祉増進を目的として推進している「指定管理者制度」のもと、民間と公共施設が協力しあって管理業務の改善に取り組んでいます。

ビル管理の企画段階から業務モニタリングにいたるまで公共施設の管理を行っています。

また、省エネ対策も合わせて実施。

顧客満足はもちろん、社会全体の課題解決にも真摯に取り組んでいます。

エンジニアリング

発電所や水道、ビル設備など社会インフラのエンジニアリング業務を通じて社会全体の産業発展に寄与。

発電プラントや電力流通システムなど工場での点検作業を改善します。

ビルの各種施設にかかわる工事や点検も実施し、業務効率改善に取り組んでいます。

旭ビル管理株式会社

旭ビル

https://www.asahi-bldg.jp/

旭ビル管理株式会社は東京都中央区に本社を置くビル管理会社。

平成14年(2002年)創業と比較的新しい会社ですが、最先端の技術を活用してビル管理に取り組んでいます。

企業情報

▼ 詳細はこちらをクリック!

旭ビル管理株式会社は平成14年(2002年)創業。

比較的歴史の新しい会社ですが、東京地方を中心にあらゆるビル管理をサポートします。

旭ビル管理株式会社 -
住所 東京都中央区八丁堀2-23-1
設立 平成14年(2002年)8月
従業員数 400名

事業内容

旭ビル管理株式会社では高層マンションや公共施設などの大型施設から小規模のオフィスビルなど、あらゆる建物にフィットする管理サービスを実施しています。

ビル管理に必要な専門知識を有する高度な人材がビル管理を実施し、利用者が安心して過ごせるようなビル管理をサポートします。

日常清掃

ビルの清掃は日常的に行う必要があります。

日常清掃には共用エリアの掃除など日々使用する部分をしっかりと清掃。

毎日使うビルは常に清掃をしていかなければ資産価値が大きく落ちてしまいます。

しっかりと日常清掃をすることでビルの資産価値を保全しているのです。

定期清掃

ビル管理

日常的といかずとも、毎月行う定期清掃を進めることでビルを磨き上げます。

特別な機器や洗剤などを利用するため、定期清掃には専門的な清掃ノウハウが必要です。

また、カーペットやハードフロアなど普段清掃しない部分を重点的に清掃するため、定期清掃はしっかりと行わなければいけません。

設備管理

ビルやマンションでは複雑な設備が多数あり、そのどれもに対して万全のメンテナンスが必要です。

設備管理をしっかりと行うことで防災などの効果を得ることができるのです。

法的に認められた有資格者が法律に基づいた点検を行い、設備管理を実施。

きめ細やかなメンテナンスを行うことで複雑な設備をしっかりと管理します。

衛生管理

ビルやマンションは人が過ごしていく部分であり、衛生面に万全の注意をしなければなりません。

様々な外的要因からビルの衛生環境を守るため、衛生管理を実施します。

建物の状況や空調などをしっかりと把握し、空気環境や水質環境の保全に努めます。

地域別に見るおすすめのビル管理会社

ビル管理会社

これまでおすすめのビル管理会社を見ていきましたが、地域ごとにおすすめのビル管理会社はどのようなものがあるでしょうか。

ビル管理会社はそれぞれの地域に根差しており、地域密着でビル管理と共に地域経済をサポートしています。

地元密着のビル管理会社はサポートも丁寧で、料金も安価にある傾向にあります。

それぞれの地域のビル管理会社についておすすめを見ていきましょう。

▼ 詳細はこちらをクリック!

東京でおすすめのビル管理会社

ビル管理会社

東京は日本の首都機能を有しており、日本で最も人口の多い都市です。

人口が多い分、数多くのビルが立ち並び、ビル管理会社も高いレベルで競争しています。

多くのビル管理会社が切磋琢磨しており、数々のビル管理会社の選択肢があります。

サービスレベルが高く、安心して利用できるビル管理会社を探すにはどのような方法があるでしょうか?

おすすめの方法を解説していきます。

東京ビルメンテナンス協会

https://www.tokyo-bm.or.jp/

「東京ビルメンテナンス協会」は東京のビルメンテナンスをサポートする公益社団法人です。

登録されている業者はビルメンテナンス全体の発展を行うため、正しい知識を習得しながら日々研鑽しています。

横の繋がりも展開されており、共通の課題に対して互いに連携して課題解決に努めます。

ビル管理会社をお探しの場合は、こちらの協会に登録してある情報を参照しながらビル管理会社を検討してみましょう。

東京のビルメンテナンス会社10選

東京には数多くのビルメンテナンス会社がありますが、その中でも特におすすめの会社10選を以下の記事で紹介しています。

ビル管理会社の選定ではどういう判断基準で行っていくのかという不安がつきものです。

こちらの記事についても合わせてご覧のうえ、検討の判断材料としてください。

おすすめのオフィス清掃業者を利用して業務効率化をしよう!
ビル清掃費用の相場は?清掃の種類や内容を知ってから業者を選ぼう!

ビル清掃を依頼したくとも、相場がわからずお困りではないでしょうか。 結論、床面積や依頼内容により異なりますが、費用相場は存在します。 この記事では、ビル清掃費用の相場や費用の算出方法をわかりやすく解説 ...

続きを見る

大阪でおすすめのマンション管理会社

大阪は日本において東京に次ぐ都市であり、多くの人口が密集している都市です。

オフィス街としても数多くのビルが立ち並び、日本経済の中心地としての機能を有しています。

人口も多いため数多くのマンションが立ち並んでいます。

マンション管理会社としてのサービスを比較しながらマンション管理会社の選定を行いましょう。

マンション管理 大阪
大阪でおすすめのマンション管理業者は?マンション管理の仕事と業者の選び方を解説!

マンション管理業者を選ぶことは重要です。 マンションを適切に管理することが住みよい暮らしを続けるために必要であり、適切なマンション管理業者の選定は集客力を向上させます。 この記事では、大阪でマンション ...

続きを見る

福岡でおすすめのビル管理会社

福岡ビル

福岡は外国からも近く、海や自然が豊かで若者をはじめ多くの年代から人気の地域です。

九州地方の中心地域でもあり、日本経済においても中心的な機能を有しています。

ビル管理会社においても様々な企業が存在しているため、多数の企業からビル管理会社を選定することができます。

自社スタッフで業務を行うところは安い
【最新版】福岡でおすすめのマンション定期清掃業者とは?選び方などについても紹介

「福岡でおすすめのマンション定期清掃業者について具体的に知りたい」「マンション定期清掃業者の選び方とは?」などと思っている方は多くいます。 そこで、今回は福岡でおすすめのマンション定期清掃業者や選び方 ...

続きを見る

株式会社福岡ビル開発

https://www.1974.co.jp/

株式会社福岡ビル開発は福岡県福岡市に本社を多くビル管理会社。

マンションやビルをはじめ、公共施設など様々な施設のビル管理を手掛けています。

丁寧な接客対応が魅力であり、99.59%という高い契約継続率です。

無料見積もりを行っていますので、興味をお持ちの方は公式HPから見積もりをしてみましょう。

マンション清掃で気を付けるべき内容とは?

ビル管理会社

マンション管理をするうえで最も気を付けなければいけないことのひとつが清掃です。

清掃が行き届いたマンションは入居者の満足度も高く、住みよいマンション運営をしていくうえで欠かせません。

また、新規入居者もマンションの清掃具合には注目するので、目につく部分は入念に清掃することが望まれます。

マンションは多くの住人が居住するスペースであり、細かいことにも気を配りながら清掃を進めていく必要があります。

マンション清掃ではどのような点に注意するべきでしょうか?詳しく見ていきましょう。

マンションの清掃内容

マンションの清掃内容はどのようなものがあるでしょうか?

マンションの清掃の進め方について確認していきましょう。

マンションの清掃はプロに依頼!

▼ 詳細はこちらをクリック!

 

マンションの清掃は複雑で、どのように進められるのか確認する必要があります。

一口に清掃するといっても、簡単な掃き掃除のものから専門の用具を必要とする複雑なものがあります。

特に、専門の用具を必要とする清掃については素人が行うと怪我の恐れがあるため、清掃業者に依頼しましょう。

清掃業者はビル清掃のプロであり、様々なノウハウやツールを駆使してビルを清掃します。

【入居満足度アップ】マンションの清掃内容は?清掃を委託する際のポイントは?
【入居満足度アップ】マンションの清掃内容は?清掃を委託する際のポイントは?

マンションの清掃はどんなことを行うのかご存知でしょうか? この記事では、「マンションの清掃内容」について解説します。 結論、マンションの清掃は、プロにお任せした方が良いです。 どのような清掃内容がある ...

続きを見る

マンション清掃の種類

ビル管理会社

マンション清掃はどのように行われるでしょうか?

マンション清掃には大別して以下の4点に分けられます。

  • 日常清掃
  • 巡回清掃
  • 定期清掃
  • 特別清掃

これらの清掃は毎日するものもあれば、1ヶ月に1度など頻度を決めて行うものあります。

それぞれの清掃について、どれぐらいの頻度で清掃するべきかを確認しておきましょう。

【知っておきたい!】定期清掃と日常清掃の違いや良い清掃業者の特徴

ビルやマンションの管理につきものなのが清掃です。清掃には日常清掃と定期清掃があり業務内容に違いがあります。 それらを知らずに清掃業者に任せっきりのオーナーさんも多いと思いますが、物件の美化を考えると清 ...

続きを見る

日常清掃

日常清掃とは毎日行う清掃作業のこと。

エントランスやロビーなど多くの人から目にとまるような箇所を重点的に清掃します。

しっかりと清掃をすることよりも毎日継続的に清掃をすることが重要です。

巡回清掃

巡回清掃とは日常的ではないものの頻繁に行う清掃のこと。

ロビーやエントランスほど目に留まる箇所ではなく、すぐ汚れるような箇所ではないところが対象です。

日常清掃よりも頻度は落ちるものの、汚れが目についたら適宜清掃を行いましょう。

定期清掃

定期清掃とは、月に1度というように頻度を定めて清掃すること。

エレベーターの清掃などが定期清掃に該当します。

定期清掃は複雑な用具や清掃ノウハウが必要となり、外部の清掃業者に委託することが一般的です。

特別清掃

特別清掃とは、年に1度や2度など特別な時期に行う清掃のこと。

日常的に行うものではないものの、特別清掃をしっかり行わないとマンションの資産価値が低下する原因となってしまうため、頻度を定めて特別清掃をする必要があります。

エアコンの掃除など、季節性のある用具の清掃などが例です。

特別清掃も専門的なノウハウが必要であるため、外部の清掃業者に委託しましょう。

自主管理で行うべき清掃

マンションの清掃には自主管理で行うべき清掃と清掃業者に委託するべき清掃があります。

外部の清掃業者に委託する場合はプロの清掃人に仕事を依頼するため、当然自主的に行う清掃よりも料金が高くなります。

定期清掃や特別清掃のように複雑な清掃箇所はプロの清掃業者に委託する必要がありますが、簡単な掃き掃除は日常的にオーナーや居住者で清掃を行いましょう。

普段から清掃をしていると汚れが溜まりづらくなり、故障が少なくなることがありますので全般的に清掃費を削減できるでしょう。

エレベーターの清掃

ビル管理会社

マンションで欠かせないものといえばエレベーター。

エレベーターがないと移動が大変ですし、精密機械のため扱いが大変です。

多くのマンションにはエレベーターが備え付けられています。

特に、高層マンションなどのフロアを多く移動するマンションにとってエレベーターは必需品です。

エレベーターの設置義務

建築基準法においては31m以上あるマンションにはエレベーターの設置が義務付けられています。これは、階層にして6〜8階以上の高さです。

エレベーターは密閉空間であり、汚れが溜まると嫌な空気が充満することになってしまいます。

また、複雑な機械を扱うためエレベーターの清掃にはマンション管理業者などプロの業者の力を借りましょう。

エレベーター清掃
【エレベーター掃除する?】エレベーターの清掃に気を付けるべきポイントとは?おすすめの清掃業者を紹介!

ビルやマンションに必要なものといえば、エレベーター。 エレベーターが動かなければ移動が難しくなってしまうため、エレベーターは常に良いコンディションに保たなければいけません。 この記事では、エレベーター ...

続きを見る

エレベーター清掃の注意点

エレベーターは精密機器であるため、清掃する際は故障のリスクに注意しなければなりません。

水を扱った拭き掃除などはせずに、乾いた布などでボタン(操作盤)の清掃を行いましょう。

また、日頃から換気を良くしておくことでエレベーターの故障を防げることがあります。

エレベーターの清掃はプロの清掃業者などに委託し、しっかりと清掃を行いましょう。

共用部の清掃

マンションを清掃するにあたって、入居者みんなで利用する「共用部」と入居者スペースの「専有部」に分けられます。

共用部の清掃についてはオーナー自身、あるいは入居者分担で手分けして清掃するといった方法が挙げられます。

共用部は目につきやすい場所であり、マンションの景観や第一印象を左右する重要な箇所です。

入居者の向上や居住者の満足度を上げるために共用部の清掃はしっかりと行いましょう。

使用する洗剤
【入居率アップ】アパート共用部の清掃は依頼するべき?オーナーがするべき?それぞれのメリットを解説

アパート共用部の清掃について、誰が行うべきか、業者に依頼するべきか悩んでいませんか? この記事では「アパート共用部の清掃」について解説します。 入居率を高めるために、アパート共用部の清掃は徹底するべき ...

続きを見る

共用部はマンションの景観を左右する

共用部はマンションの利用者だけでなく、新規に入居を考えているという潜在的な顧客も目にする部分です。

入居の下見に来た顧客が汚れた共用部を見てしまうと、あまり良い気はしないでしょう。

せっかく入居を検討してくれたのに、敬遠されてしまうというリスクがあります。

共用部はマンションにとっての「顔」であり、定期的に清掃して景観を損なわないようにしましょう。

清掃を依頼する

共用部は簡単な日常清掃の範囲であればご自身で行うという手段もありますが、外部の清掃業者に委託することをおすすめします。

マンションの清掃ノウハウは専門的な経験が必要であり、清掃のプロに任せることが無難です。

簡単な掃き掃除など日常的にできることはしっかり行い、清掃業者と役割分担を明確にすることが望まれるでしょう。

庭の手入れ

ビル管理会社

賃貸物件の中には庭がついた物件というケースもあります。

高級マンションなどの場合などではエントランスに庭がついており、住居を華やかに彩ってくれる存在です。

緑が豊かな物件は入居者の印象を良くするため、入居者アップのために緑豊かな庭を設置するというケースも多いです。

庭の手入れは植物を扱うものであり、定期的に庭木や植木の手入れなどを行う必要があります。

【入居者アップ】賃貸物件の庭の手入れは業者に依頼がおすすめ!
【入居者アップ】賃貸物件の庭の手入れは業者に依頼がおすすめ!

賃貸マンションやアパートの庭の手入れ、どのように進めるべきか悩んでいませんか? この記事では「賃貸運営のための庭の手入れ」について解説します。 結論、庭の手入れは管理業者にお任せした方が良いです。 オ ...

続きを見る

庭の手入れは誰がする?

庭の手入れもビル管理会社がしてくれる?

庭の手入れは管理者などが手入れをする場合もありますが、管理業者に手入れを委託するというケースも多いです。

ビル管理業者は建物や土地を総合的にメンテナンスを行うため、庭などの部分も管理の対象となります。

植物などを放置していると物件の見栄えも悪くなってしまいますので、オーナー自身で管理することが難しい場合には管理業者に庭の手入れを委託することも検討してみてください。

ビルの窓を清掃

ビルや高層マンションなどの場合、高所に存在する窓の清掃は一苦労です。

高所での清掃作業は転落する恐れがあるため、絶対に自分で清掃しようとはせずに管理業者などのプロに委託しましょう。

ビルの窓を清掃する場合の注意点や料金の相場については、以下の記事で詳細を解説していますので合わせてご確認ください。

【ビルのガラス窓清掃の相場は?】料金を決める5つの要素

ビルオーナーさんのなかには窓の清掃で困っている人も多いのではないでしょうか。自力で清掃するには困難ですが業者に依頼するとかなりの費用がかかります。 そもそも業者ごとに料金にかなりのバラツキがあり、安す ...

続きを見る

ビルの窓を清掃する場合の相場はいくら?

ビルの窓を清掃する場合は窓の枚数や面積に応じて変動します。

また、清掃員を利用する場合には人員コストがかかります。

高い階層のビルほど清掃料が高くなり、清掃する窓が多くなればそれだけ清掃料が高くなるのです。

ビルの窓清掃の相場は、例えば100平米前後で25,000円~30,000円という相場が一般的です。

マンション管理やビルメンテナンスならしんらいライフサービス!

しんらいライフサービスhttps://www.shinrai-ls.co.jp/

しんらいライフサービス株式会社は豊富な取引実績を持つ老舗のビル管理会社です。

平成元年創業で、多くの取引先と信頼関係を築き上げたサービス品質の高さに定評があります。

「しんらいライフサービス」の名の通り、顧客から信頼を得られるサービスであることを目標に、長年蓄積されたノウハウから快適なビル管理サービスをお届け。

安心と信頼のサービスを売りにビル管理やマンション管理を任せられます。

また、しんらいライフサービスは独自の価格システムにより安価でのビル管理サービスを提供しています。

ビル管理の見積もりは以下から無料で行っておりますので、ビル管理費を見直したい方はご相談ください。

ビル管理費を見直す

しんらいライフサービス株式会社 -
住所 東京都目黒区下目黒2-10-4
設立 平成元年3月
資本金 2,000万円
従業員数 350人

取引実績豊富

しんらいライフサービス

しんらいライフサービスは長年の実績から多数の取引先と信頼関係を築いてきました。

多くの取引先からサービス内容について好評を得ており、信頼される生活環境をサポートする会社へと成長しています。

顧客から信頼される充実したサービスで安全なビルマンションの運営をお約束します。

ビル・マンション総合管理

▼ 詳細はこちらをクリック!

しんらいライフサービスのビル・マンション管理は単なる代行サービスではなく、お客様の経費削減や利益率向上に寄与します。

単なる管理代行ではなく、「住まいのコンサルタント」として安全なビル管理を実現。

充実したサービスの秘密は「日常清掃」にあります。

日常清掃は毎日かかる費用になりますので、どうしてもコストが嵩みがちです。

しんらいライフサービスでは社内の人材力を活用してコストカットを実現。

外注業者に依頼することなく、自社の人材力を活用しているため、大幅な経費削減を期待できます。

建物清掃サービス

しんらいライフサービスでは「笑顔で過ごせる環境づくり」をテーマにサービス向上に取り組んでいます。

共用部分を清潔にするということは、建物の寿命を延ばすだけでなく、利用者が気持ちよく過ごせるというメリットがあります。

普段から利用する部分が綺麗になっていると、入居者にとっても気分よく利用することができるため満足度の向上に繋がるのです。

清掃サービス内容

以下のような清掃サービスを実施しています。

共用部分の日常清掃 ゴミだし・ゴミ置き場の清掃、玄関ホールや廊下・階段等の掃き・拭き清掃等
事務所等の室内清掃 掃除機かけ・くずかごのゴミ集め等
共用部分の定期清掃
(ポリッシャー)
玄関ホールや廊下等の床面・腰壁等の機械洗浄、共用部分の照明器具の清掃、高所の窓ガラス・外壁等の清掃
室内ハウスクリーニング 室内ハウスクリーニング

リフォーム工事業

しんらいライフサービスでは「過ごしやすい」をモットーに居住者のニーズに沿ったリフォーム工事業を実施。

また、単に価格を抑えるだけでなく長期的にマンションを利用できる費用対効果を重視します。

リニューアル・リフォームに精通したスタッフがリフォーム工事を担当するので、安心して任せることが可能。

綿密なプランによって居住者の生活に配慮したリフォームを実施します。

損害保険代理店業

しんらいライフサービスでは共栄火災海上保険株式会社と連携して損害保険代理店業を行っています。

オーナー様やテナント様のリスク軽減を損害保険の観点でサポート。

ビル運営をしていくうえでは火災や賠償責任などの損害リスクが常につきまといます。

損害保険に加入することで、これらのリスクを金銭的に軽減することが可能です。

安心してビル運営を行うために、損害保険の存在は心強いものとなるでしょう。

安心の価格体系

しんらいライフサービス

しんらいライフサービスではリーズナブルで安心の価格帯形を実現。

無駄なコストを削減することに徹底し、お客様の経費削減に貢献します。

通常の管理業者の場合、元請け会社が複数存在してコストが嵩んでしまう原因です。

しんらいライフサービスの「産地直送サービス」の場合、中間マージンをカットした清掃コストが実現します!

産地直送サービス

しんらいライフサービスが低価格を実現したのは「産地直送サービス」という独自の価格体系にあります。

産地直送サービスとは、中間マージンを極力カットすることでビル管理の価格をスリムにすることで実現する安価なサービスです。

低価格でありながらサービスの品質は落としておらず、安心した水準でビル管理サービスを提供しています。

長年のビル管理ノウハウがあるしんらいライフサービスだからこそ実現できる安価なビル管理サービスであるといえるでしょう。

どれぐらい管理費を削減できる?

しんらいライフサービスでは元請け会社をカットし、業務一括することで中間マージンが不要となりコストカットを実現。

中間マージンは一般的に全体費用のうち1割ほどを占めており、しんらいライフサービスの産地直送サービスを利用することで管理費を1割削減することができます。

清掃費が毎月100万円かかるという場合、その1割をカットすることができれば毎月10万円のコストカットが実現。

1年間で120万円のコストカットとなるので、ビルやマンション管理者にとって大きな味方となってくれるでしょう。

きめ細やかなサービス

しんらいライフサービス

しんらいライフサービスではきめ細やかなサービスでユーザーから高い評価を得ています。

「安心と信頼のサービス」をモットーにするため、清掃にあたるスタッフも一流のホスピタリティを追求。

徹底した教育指導とマニュアルの完備によりきめ細やかなサービスを実現しています。

清掃員の品質

しんらいライフサービスの清掃員は充実した研修を経た清掃員が清掃を実施。

清掃員には5日以上の新人研修を必須としており、定期的に研修を行うことでスキルアップに励んでいます。

「明るい笑顔」をモットーに質の良い清掃を心がけ、お客様に安心の清掃サービスを提供しています。

50以上のチェック項目

清掃サービスは人が行う作業であるため、どうしても作業レベルにムラが出てしまいます。

しんらいライフサービスでは清掃時に50以上のチェック項目を実施。

充実したチェック項目を用意することで、誰が行ってもレベルの高い清掃サービスを実現できるのです。

清掃スタッフでありながら、「ホテルのコンシェルジュ」のような高レベルのサービスを約束します。

ビル・マンション管理の豊富なノウハウ

しんらいライフサービス

しんらいライフサービスでは清掃サービスのみならず、長年蓄積された豊富なノウハウから様々なソリューションを提案します。

創業30年以上の経験と蓄積されたノウハウから最適なコンサルティングサービスをお届け。

ビルやマンションの資産価値を上げるためにはどのような施策が有効か、一流のコンサルタントが最適なソリューションを提供します。
ビル管理、清掃管理に留まらず、ビルやマンションの資産価値向上に関する提案を実施しています。

ビル管理・マンション管理を進めて暮らしを豊かにしよう!

ビル管理

ビル管理会社のサービス内容について見ていきました。

ビル管理会社はビル管理や清掃業に関する専門家集団であり、様々な管理ノウハウから優れたビル管理を実施。

ビルやマンションのオーナーは必ずしも専門的な知識があるとは限らないため、ビル管理者とよく相談しながらビル管理を進めることが求められます。

オーナーのビル管理やビル運営を大きくサポートしてくれる存在がビル管理会社です。

優れたビル管理会社に作業をしてもらうことはビル入居者にとって快適に過ごすために重要な要素です。

ビル管理においては設備管理や衛生管理、清掃サービスなど専門的なノウハウや経験が必要な作業を多く担当しますので、効率的にビル管理を進めることができます。

ビルを管理するにあたっては清掃サービスをはじめとした大きなコストがかかります。

管理費を少しでも節約することはビルオーナーにとってスリムなビル運営の手助けとなるでしょう。

ビル管理やビルの清掃には様々な専門的なノウハウが必要です。

ご自身のビルの実態に合わせたビル管理会社の選定を行いましょう。

しんらいライフサービスでは「安心と信頼のサービス」をモットーに、リーズナブルな価格でビル管理サービスを提供。

無料で見積もりを行っていますので、ビル管理費について見なおしたいというビルオーナーは気軽にご相談ください。

ビル管理費を見直す

-ビル管理・ビルメン

© 2021 しんらいライフサービス株式会社